お金借りるなら・・カードローン・キャッシング比較のオカリル

中央ろうきんカードローン「マイプラン」徹底解析

中央ろうきんカードローン「マイプラン」とは?

まずは、中央ろうきんカードローン「マイプラン」の概要や特徴をチェックしましょう。

中央ろうきんカードローン「マイプラン」の概要

中央ろうきんカードローン「マイプラン」はどのような借り入れ条件なのかざっと把握しましょう。

事業エリア 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県
申込資格
借入限度額 10~500万円
実質年率 3.875~8.475%
無利息期間 なし
審査時間 要確認
融資スピード 要確認
返済方式
  • 毎月返済
  • 毎月・ボーナス加算返済
遅延損害金 要確認
保証会社 日本労働者信用基金協会
保証人|担保 不要|不要

中央ろうきんカードローン「マイプラン」を申し込める条件

中央ろうきんカードローン「マイプラン」の申込対象者は以下の5つの条件を満たす必要があります。

  • 団体会員の構成員、生協会員の組合員および同一生計家族、または一般勤労者
  • 満18歳以上満65歳未満
  • 安定継続した年収(前年税込み年収)が150万円以上
  • 同一勤務先に1年以上勤務している
  • 中央労金の取扱基準ならびに、中央労金の指定する保証協会の保証基準を満たす方

団体会員の構成員、生協会員の組合員および同一生計家族、または一般勤労者

団体会員の構成員、生協会員の組合員および同一生計家族、または一般勤労者のいずれかである必要があります。

団体会員の構成員とは?

中央労働金庫に出資している以下の団体の構成員の方をいいます。

  • 労働組合
  • 国家公務員・地方公務員等の団体
  • 勤労者のための福利共済活動を目的とする団体で一定の条件を満たすもの
生協会員の組合員および同一生計家族とは?

中央労働金庫にしている生協のうち、生協組合員融資制度を導入している生協の組合員および同一生計家族の方をいいます。

自身が生協組合員でも、同居している奥さんや夫、親や子供などが生協組合員である場合、これに当てはまります。自宅で生協を利用している場合、これに当てはまるケースが多いのでぜひ活用しましょう。

一般の勤労者とは?

茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨に住んでいる、または勤めていて、団体会員の構成員、生協会員の組合員および同一生計家族のどちらにも該当しない方です。

満18歳以上満65歳未満

20歳未満の未成年でも申し込むことができますが、法定代理人(親権者)の同意が必要となります。

同一勤務先に1年以上勤務している

自営業者等の給与所得以外の方は原則として3年以上の勤務実績が必要です。

中央ろうきんカードローン「マイプラン」の使い道

中央ろうきんカードローン「マイプラン」の用途は以下の2つです。

  • 暮らしのための資金として自由
  • 他行・他社資金の借換え

暮らしのための資金として自由

暮らしのための資金として自由にご利用いただけます。

ただし、事業資金、投機目的等にはご利用いただけません。

他行・他社資金の借換え

中央労働金庫に出資のある団体会員の構成員の方に限ります。2018年3月30日ご融資実行分までとなります。

中央ろうきんカードローン「マイプラン」の特徴

まずは、中央ろうきんカードローン「マイプラン」の概要や特徴をチェックしましょう。

限度額は10~500万円

中央ろうきんカードローン「マイプラン」の限度額は10~500万円です。この章では限度額決定方法の条件等を解説します。

限度額の決まり方

中央ろうきんカードローン「マイプラン」の限度額は「税込み年収に占める年間返済額の割合が30%以内」「団体会員・生協会員以外の方の極度額は最高100万円」「300万円超を利用する条件」の3種類あります。

税込み年収に占める年間返済額の割合が30%以内

税込み年収に占める年間返済額の割合が30%以内である必要があります。年間返済額には他のお借入れのご返済分も含み、年間返済額は中央労金所定のルールにより算出されます。

団体会員・生協会員以外の方の極度額は最高100万円

団体会員・生協会員以外の方の極度額は最高100万円です。また、上記の返済割合を超える(住宅ローン返済中のため等)申込みについても、年収に応じ、取扱いができる場合があるので、詳細は最寄りの営業店に問い合わせて下さい。

300万円超を利用する条件

極度額 300万円超を利用するには以下の条件を満たす必要があります。

  • 団体会員の場合、「勤続年数5年以上」または「年収500 万円以上」
  • 生協会員の場合、「勤続年数5年以上」かつ「年収の50%以内の極度額まで」

金利は3.875~8.475%(実質年率)

中央ろうきんカードローン「マイプラン」の金利決定方法と、さらに金利を引き下げる条件について解説します。

金利の決まり方

中央ろうきんカードローン「マイプラン」の金利決定方法は「団体会員の構成員の方」「生協会員の組合員 および同一生計家族の方」「上記以外の一般の勤労者の方」の3種類あります。

団体会員の構成員の方

団体会員の構成員の場合、一番金利が低い設定で最大でも7.075%です。さらに後で紹介する「マイプランパック(個人金利引下げ)」で最大3.2%の金利引き下げを適用されることで、最小金利の3.875%へ金利を下げることができます。

生協会員の組合員 および同一生計家族の方

生協会員の組合員 および同一生計家族の方の場合、団体会員の構成員の方についで2番目に金利が低い設定で最大でも7.255%です。さらに後で紹介する「マイプランパック(個人金利引下げ)」で最大3.2%の金利引き下げを適用されることで、最小金利の4.055%へ金利を下げることができます。

上記以外の一般の勤労者の方

上記以外の一般の勤労者の方の場合、一番金利が高い金利ですが、それでも最大8.475%で、限度額100万円という事を考えると、かなりの低金利といえます。こちらも後で紹介する「マイプランパック(個人金利引下げ)」で最大3.2%の金利引き下げを適用されることで、最小金利の5.275%へ金利を下げることができます。

金利の引き下げ

中央ろうきんカードローン「マイプラン」の金利の引き下げは「マイプランパック(個人金利引下げ)」「はるかぜ引き下げ」の2種類あります。

マイプランパック(個人金利引下げ)

マイプランパックは金利引下げ項目に該当すればするほどカードローンの金利が低くなる取り組みで、引下は最大3.2%まで適用されます。このマイプランパックをフルに活用することで、中央ろうきんカードローン「マイプラン」の真の実力が発揮されるというわけです。

給与振込指定・年金振込指定だけで1.5%もの金利の引き下げがあるほか、2種目以上の公共料金自動支払い、インターネット/モバイルバンキングやWeb通帳などは比較的簡単に設定、適用させることができるので最大限に活用し、より低金利になるようにしましょう。

さらに、30歳未満の場合に適用される若年者引下げは、30歳未満であれば無条件に適用されるのでとてもお得な項目です。マイプランは18歳以上20歳未満の未成年者でも利用できるので、特に若い方にもおすすめです。

金利引下げ項目 金利引下げ(年率)
給与振込指定 1.5%
公共料金自動支払い(2種目以上) 0.3%
年金振込指定 1.5%
一般財形・エース預金 0.3%
財形年金・年金受取エース預金・財形住宅 0.6%
不動産担保ローン・住宅金融支援機構・フラット35・年金融資・財形融資 0.6%
インターネット/モバイルバンキング 0.6%
Web通帳(無通帳型かつステートメント不発行型) 0.6%
労金UCカード 0.3%
若年者引下げ(30歳未満) 0.6%

はるかぜ引き下げ

身体障害者福祉法により「身体障害者手帳」を持っている方は金利を年5.0%引下げする取り組みです。限度額が100万円までの口座が対象で、下限金利は年2.0%です。はるかぜ引き下げとマイプランパックの併用はできませんので注意が必要です。

金利引下げ項目 金利引下げ(年率)
身体障害者手帳を保有している方 5%

返済額と返済シミュレーション

中央ろうきんカードローン「マイプラン」の返済方法は「毎月返済」「毎月・ボーナス加算返済」の2種類あります。

毎月返済の場合

毎月一定の額を返済するスタンダードな返済方法です。後に紹介する「毎月ボーナス加算返済」に比べ、毎月の返済額は高くなりますが、「今年はボーナスが出なくて支払えない!」なんて心配はありません。毎月コツコツと計画的に返済ができます。

借入残高 返済額
30万円以下 5,000円
30万円超 50万円以下 10,000円
50万円超 70万円以下 12,000円
70万円超 80万円以下 13,000円
80万円超 100万円以下 15,000円
100万円超 150万円以下 20,000円
150万円超 180万円以下 25,000円
180万円超 200万円以下 30,000円
200万円超 250万円以下 35,000円
250万円超 300万円以下 40,000円
300万円超 350万円以下 50,000円
350万円超 400万円以下 55,000円
400万円超 450万円以下 65,000円
450万円超 500万円以下 70,000円

毎月返済での返済シミュレーション

実際に毎月返済で借入した場合に、返済プランがどうなるかを見ていきましょう。以下は3万円、5万円、10万円、30万円、50万円、100万円、200万円、300万円、500万円を借入した場合の、それぞれの返済シミュレーションです。

借入金額 金利 毎回返済額 返済回数 支払総額

※この返済シミュレーションは当サイト計算のもので、実際とは異なる場合があります。予めご了承ください。

毎月・ボーナス加算返済の場合

貸越極度額が50万円を超える場合、「毎月ボーナス加算返済」を選択することができます。ボーナス月に多めに返済する代わりに、毎月の返済額を減額することができます。

ボーナス月は通常の返済額に加え、加算返済額を追加して支払う必要があります。ボーナスを計画的に利用したい方にお勧めです。

普段の支払い時では返済額が低く抑えられているため、なかなか元金が減らず、加算返済があるボーナス月に大きく元金が減ることになります。このため、ボーナス月のタイミングによっては毎月の定額返済より支払う利息が増えてしまうことがあるので注意しましょう。

借入残高 返済額 ボーナス月返済額
50万円超 80万円以下 10,000円 30,000円
80万円超 100万円以下 10,000円 40,000円
100万円超 150万円以下 15,000円 45,000円
150万円超 180万円以下 20,000円 50,000円
180万円超 200万円以下 25,000円 55,000円
200万円超 250万円以下 30,000円 60,000円
250万円超 300万円以下 30,000円 90,000円
300万円超 350万円以下 40,000円 100,000円
350万円超 400万円以下 40,000円 130,000円
400万円超 450万円以下 50,000円 140,000円
450万円超 500万円以下 50,000円 170,000円

毎月・ボーナス加算返済での返済シミュレーション

実際に毎月・ボーナス加算返済で借入した場合に、返済プランがどうなるかを見ていきましょう。以下は30万円、50万円、100万円、200万円、300万円、500万円を借入した場合の、それぞれの返済シミュレーションです。

借入金額 金利 毎回返済額 ボーナス月返済額 返済回数 支払総額

※この返済シミュレーションは当サイト計算のもので、実際とは異なる場合があります。予めご了承ください。

申込方法

インター
ネット
自動
契約機
店頭
窓口
電話 郵送
× × ×

中央ろうきんカードローン「マイプラン」ではインターネット、店頭窓口、契約機、電話、郵送で申し込みを行うことができます。

中央労働金庫の店舗については「中央労働金庫店舗一覧と場所|近くの中央労働金庫までの距離は?」で確認できます。

インターネットで申し込む

中央労働金庫公式サイトで申し込む

自動契約機で申し込む

店頭窓口で申し込む

電話で申し込む

郵送で申し込む

申し込みに必要な書類

中央ろうきんカードローン「マイプラン」では申し込みの際、本人確認書類および、条件により収入証明書類が必要です。

本人確認書類

収入証明書類

借入方法と返済方法

中央ろうきんカードローン「マイプラン」と契約した後、お金を借り入れる方法と、借り入れたお金を返済する方法を説明します。

借入 返済 手数料
インターネット -
専用ATM -
提携ATM -
口座振込 -
店頭窓口 - -
電話 × -

提携ATMと手数料