お金借りる方法を網羅!
目的別の借入手段と、最適なローンの選び方

お金借りる方法を網羅!目的別の借入手段と、最適なローンの選び方

こんな方に参考になります!
  • 目的にそった借入方法を漏れなく知り、ベストな選択肢を見つけたい
お金を借りたい!…でも、どこでどう借りたら借りたらいいかわからないし、お金にかかわる問題だから失敗したくないわ…。
たくさんの選択肢を知り、ベストな方法でお金を借りれるようになりましょう!

はじめてお金を借りるときまず重要なのは、選択できる借入方法を知り、その中から借り入れ条件がいいものを選ぶことです。

ですが、幸か不幸か、世の中には、お金を借りる選択肢が無数にあり、すべてリストアップし、ひとつひとつ調べ、さらに比較までするとなると、とてつもない時間がかかってしまいます。

そこでこの記事では、いちはやくベストなお金を借りる方法を選びだせるように、目的別のローンの種類と、具体的な選択肢を紹介しています。

自由な用途、無担保、保証人なしで
お金を借りる

自由な用途、無担保、保証人なしでお金を借りる

カードローンやフリーローンは「○○を除く」と注意書きがされているもの以外であれば、原則的に自由な目的でお金を借りることができます。

住宅ローンや、車のローンなど目的が決まっているローンと違って、借入金の使途は問わないという事です。

目的ローンは金利が低いですが、融資までに時間がかかります。そのつなぎ資金としてもカードローンやフリーローンは活用できます。

一度契約したら何度でも使えるカードローン

ポイント
  • 自由な用途かつ、無担保・保証人なしでお金が借りられる
  • 少額なら免許証1枚、申込から借入までスマホひとつでOK
  • 借入枠内で何度でも自由に借入・返済でき、次のピンチも安心

自由度が高く、簡単に利用を開始できるため、現在国内で1,000万人以上が利用する人気の高い借入方法です。

借入枠内で何度でも借入・返済が繰り返せる

カードローンは、1度契約すれば、契約した金額内で何度でも借入・返済が繰り返せるため、つぎにお金が不足したときも対応できます。

免許証1枚、スマホひとつで借りられる

申し込みから借入まで、すべてスマホ(PC)ひとつで済ませることができ、振込で融資を受けるなら、来店する必要もありません。

担保や保証人が不要で、必要な書類も50万円以下の少額であれば、基本的に免許証1枚で契約できます。

人気のカードローン

アコムカードローン
実質年率3.0~18.0%
利用限度額1万~800万円
即日融資最短1時間
無利息期間あり
消費者金融最大手のアコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社です。アコムカードローンは申込数、利用者数ともにNo.1のとても人気の高い商品です。
プロミスフリーキャッシング
実質年率4.5~17.8%
利用限度額1万~500万円
即日融資最短1時間
無利息期間あり
三井住友フィナンシャルグループの一員である、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスです。インフラ充実度が群を抜いて高いです。
アイフルキャッシングローン
実質年率3.0~18.0%
利用限度額1万~800万円
即日融資最短1時間
無利息期間あり
大手消費者金融で唯一銀行グループに属さないアイフルですが老舗で安心です。審査通過率が高く新規客獲得に積極的です。
SMBCモビットモビットカード
実質年率3.0~18.0%
利用限度額1万~800万円
即日融資最短即日
無利息期間なし
三井住友フィナンシャルグループの一員である、SMBCモビットです。WEB完結なら在籍確認時の電話連絡なしで借りられます。
新生フィナンシャルレイクALSA
実質年率4.5~18.0%
利用限度額1万~500万円
即日融資最短即日
無利息期間あり
新生銀行グループの一員です。全額対象最大30日か、借入金額の5万円まで最大180日間無利息か選べるのが特徴的です。
新生パーソナルローンノーローン
実質年率4.9~18.0%
利用限度額1万~300万円
即日融資最短即日
無利息期間あり
新生銀行グループの一員です。何度1週間無利息が最大の特徴です。新生銀行カードローンレイク自動契約コーナーが利用できます。

フリーローン

事業資金でお金を借りる

ビジネスローンでお金を借りる

ファクタリングでお金を借りる

日本政策金融公庫でお金を借りる

教育資金でお金を借りる

銀行の教育ローンでお金を借りる

奨学金でお金を借りる

学生ローンでお金を借りる

教育一般貸付 (国の教育ローン)でお金を借りる

今ある借金をひとつにまとめる・お金を借り換える

消費者金融のおまとめ・借り換えローンでお金を借りる

まとめ

急ぎのときはスピード重視のカードローンを選んで、まず目の前のピンチを切り抜けるべきですし、時間に余裕があるときはじっくりと条件の良いカードローンを選べばよいでしょう。

そして、たくさん選択肢があるカードローン選びに迷ってしまったら、まずは大手消費者金融と都市銀行に絞って借入を検討しましょう。全国で利用できるので、転勤や引っ越しがあっても使い続けることができます。

また近くにいきつけの地方銀行や信用金庫がある場合は、そこでの借入を検討することもおすすめです。