【2018年10月最新】即日融資のカードローン|ATM即日現金借入と、当日振込締切時間まとめ

【2018年10月最新】即日融資のカードローン|ATM即日現金借入と、当日振込締切時間まとめ

  • 今日中に現金を手に入れたい
  • 今日中に口座支払い不足分を入金したい

即日融資可能なカードローンなら、申し込んだ日に借入や振込融資ができます。

しかし、全てのカードローンが即日融資に対応しているわけではありません。

即日融資を受けようと思ったら、即日融資ができるカードローンを選ばなければいけません。

さらに、振込で即日融資を受ける場合、カードローンによって当日中の対応締め切り時間も、各社違いがあります。

そこで、この記事では

  • 即日融資ができるカードローン
  • カードローン別、自動契約機の締切時間
  • カードローン別、当日振込の締切時間

を中心に、必要な情報をまとめ、解説していきます。

即日融資のカードローンを成功させましょう!

即日融資対応のカードローンは?

即日融資対応のカードローンは?

2018年10月現在、即日融資に対応しているのは、アコム、アイフル、プロミスなどの大手消費者金融と、一部の中小消費者金融信販会社です。

この章では、どういったカードローン会社が即日融資に対応しているか?を知り、だいたいの借入候補のあたりをつけられるように解説します。

2018年、実際に即日融資が可能なカードローン

まず、以下が2018年現在、実際に即日融資対応可能なカードローンの一覧です。

利用限度額実質年率無利息期間融資スピード
アコム
カードローン
1万~800万円3.0~18.0%あり最短1時間
プロミス
フリーキャッシング
1万~500万円4.5~17.8%あり最短1時間
アイフル
キャッシングローン
1万~800万円3.0~18.0%あり最短1時間
SMBCモビット
モビットカード
1万~800万円3.0~18.0%なし最短即日
新生フィナンシャル
レイクALSA
1万~500万円4.5~18.0%あり最短即日
アコム カードローン
利用限度額1万~800万円実質年率3.0~18.0%
無利息期間あり融資スピード最短1時間
プロミス フリーキャッシング
利用限度額1万~500万円実質年率4.5~17.8%
無利息期間あり融資スピード最短1時間
アイフル キャッシングローン
利用限度額1万~800万円実質年率3.0~18.0%
無利息期間あり融資スピード最短1時間
SMBCモビット モビットカード
利用限度額1万~800万円実質年率3.0~18.0%
無利息期間なし融資スピード最短即日
新生フィナンシャル レイクALSA
利用限度額1万~500万円実質年率4.5~18.0%
無利息期間あり融資スピード最短即日

テレビCMや広告で、よく目にする大手消費者金融ばかりですが、融資スピードの速さではこの大手消費者の右にでる手段はありません。

大手消費者金融なら審査が最短で30分、融資まで最短で1時間というケースも珍しくなく、今すぐ借入したい場合は、大手消費者金融がもっとも現実的な選択肢です。

融資スピードで選ぶなら、大手消費者金融一択ですね。

金融機関種別ごとの即日融資対応状況

大手消費者以外に即日融資可能な選択肢はあるのでしょうか。以下、他の金融機関もあわせて、現在の即日融資対応状況をまとめました。

種別即日融資対応状況
銀行都市銀行即日融資対応不可です。2017年までは即日融資を売りにしている商品もありましたが、2018年1月より即日融資はできなくなりました。
銀行地方銀行即日融資対応不可です。2017年までは即日融資を売りにしている商品もありましたが、2018年1月より即日融資はできなくなりました。
銀行ネット銀行即日融資対応不可です。2017年までは即日融資を売りにしている商品もありましたが、2018年1月より即日融資はできなくなりました。
消費者金融大手消費者金融各社、即日融資対応なカードローンを提供しています。
消費者金融中小消費者金融一部の業者が即日融資の対応をしています。しかし、多重債務や事故情報がある場合、審査は難航する場合が多く、即日対応は難しいでしょう。
信用金庫条件が良い商品が多いですが、スピードは期待できません。審査に数日から1週間ほどかかるケースが多く、即日融資はできません。
労働金庫とても好条件でカードローンが利用できますが、その分じっくり審査に時間をかけます。審査に1週間以上かかるケースも多く、即日融資はできません。

銀行は2018年より、審査の厳格化により、即日融資対応ができなくなりました。詳しくは次章で説明します。

信用金庫や労働金庫は魅力的なカードローンの提供がありますが、条件の良いカードローンはどうしても審査に時間がかかるため、即日融資の候補からははずれます。

中小消費者金融でも即日融資を売りにしているところもありますが、全国規模の無人契約機の設置や、毎月数万人の申し込みに対応する審査システムをもつ大手消費者金融にはとうていかないません。

実質的に検討できるのは大手消費者金融になります。

2018年、銀行は即日融資不可になった

2017年までは、即日融資の候補に多くの銀行カードローンがあげられましたが、2018年1月より審査がより厳格化され、個人向けの即日融資が停止となり、これまで即日融資ができたカードローンでも、最短で申し込みの翌日以降からの利用となりました。

実際に、都市銀行のカードローンである、三菱UFJ銀行バンクイックや三井住友銀行カードローンなどは、大手消費者金融より低金利かつ、即日融資もできるとあり、たいへん人気がありましたが、現在では即日審査はできても、借入は翌日からになります。

銀行が即日融資が停止になった理由は以下の記事が参考になります。
産経ニュース:「即日融資」を停止、銀行カードローン縮小へ

銀行カードローンが即日融資対応と記載しているサイトがありますが、情報が古いので注意しましょう。

中小消費者金融では、申込者の属性が悪い傾向が強く、審査は難航する

中小消費者金融などの貸金業者でも、即日融資は可能ですが、本来中小消費者金融は大手消費者金融が利用できない方向けの業者という位置づけです。

多重債務者など、申込者の条件が悪い傾向が強く、そうした方の場合、審査が難航するため、即日での契約は難しいですので、即日融資を検討する候補にならないでしょう。

属性が良ければ、中小消費者金融でも即日融資は可能ですが、そもそもそういった方は大手消費者金融を使うほうが都合がよいはずです

大手の審査が通らない方は、中小での即日融資は難しいでしょう。

即日融資可能で低金利なカードローンはないの?

即日融資ができる現実的な選択肢は大手消費者金融ですが、金利が銀行や信用金庫などのカードローンに比べて、金利が高めの設定です。

銀行が実質年率15%前後なのに比べ、消費者金融は実質年率18%ほどと、およそ3%ほど金利が高いことなります。

少額で短期間の借り入れであれば、その差は微々たるものですが、高額でさらに長期間での借入となると、その差は大きくなっていきます。

ですから、もっと低金利で借りれる方法はないものかと考えたいですが、即日融資可能で低金利なカードローンはありません

しかし、近年ではほとんどの大手消費者金融のカードローンで、初回借入時に無利息期間が適用されるケースが多く、期間中は利息を払わず利用ができます。

ですので、借入後「やっぱり金利が高いな」とか「ちょっと使いずらいな」といった場合、無利息期間中であれば、借入業者を変更するなど、新たな金策を練る猶予があるため、心理的にも比較的気軽に利用を開始できるようになっています。

まずは大手消費者金融で借り入れたのち、他の低金利な借入方法に変えることで、速さと低金利の二つを満たすことができ、合理的な借り入れができます。

無利息期間中であれば、損せず次のベストな金策を練れます。

現金で即日融資、
ATMで今日中に借り入れる方法とタイムリミット

現金で即日融資、ATMで今日中に借り入れる方法とタイムリミット

  • カードを手にすればコンビニATMでいつでも借入返済できる
  • スマホアプリ対応ならカードがなくてもコンビニATMで借入返済できる

自動契約機や店頭窓口で契約すれば、契約と同時にローンカードを受け取ることができます。

ローンカードを受け取ってしまえば、各社専用のATMや、コンビニなどの提携ATMを利用できるようになるので、実質的に24時間借入ができるようになります。

そして、最近ではスマホATMというサービスを提供するカードローンも登場しています。スマホATMでは、カードローン各社の専用のスマートフォンアプリをダウンロードするだけで、スマホアプリ取引対応のセブン銀行ATMで、借入や返済ができるようになります。

ローンカードを受け取り借り入れする方法と、スマホアプリで借入する方法、それぞれの方法を解説します。

来店してローンカードを取りに行く

来店してローンカードを取りに行く

自動契約機や店頭窓口に来店し、ローンカードを受け取る方法です。

ネットで申し込みから契約まで済ませてもカードは発行されますが、郵送となるため、到着まで数日かかります。ですので、急いでいる場合は、来店してローンカードを取りに行きます。

来店してローンカードを取りに行く手順は以下の3種類です。

申込~契約まですべて店舗で行う

申込はネットや電話で行い、契約は店舗で行う

申込~契約まですべてネットや電話で行ったあと、カードを店舗に取りに行く

スマホアプリを使ってセブンATMから引き出す

スマホアプリを使ってセブンATMから引き出す

スマホアプリATM取引が対応しているカードローン限定です。

プロミス、アイフル、SMBCモビット、レイクALSAでは、セブン銀行のスマホATMに対応しています。

契約後、スマホに専用アプリをインストールしたら、全国のセブンイレブンやイトーヨーカドーのセブン銀行ATMで、アプリを操作することによって、その場で現金を借入することができます。

この方法であれば、カードをわざわざ自動契約機や窓口に取りに行く必要がなく、アプリをダウンロードし、最寄りのセブンイレブンなどのセブン銀行ATMに行けばよいので、より簡単に借入ができます。

セブン銀行でのスマホATMの利用方法については以下をご覧ください。
スマホATMの操作方法 | セブン銀行

振込で即日融資、今日中に着金させるタイムリミット

振込で即日融資、今日中に着金させるタイムリミット

  • 振込で融資を受ければ、ATMまで足を運ぶ必要なし

クレジットカードや公共料金、携帯電話料金などの引き落としがせまっていて、口座に不足分を補いたいとき、借りたお金を直接口座に振り込んでもらう方法が便利です。

振込で融資を受ければ、ATMまで足を延ばさずとも、家や職場にいながら申し込みから口座入金まですべてその場でできてしまいます。

当日入金される最終時間までに、振込手続きを終わらせる

  • 当日の振込実施最終時間に間に合わせる
  • 口座によって振込実施最終時間に違いがある
  • 締め切り時間はだいたい14時が目安

今日中に振込でお金を借りる1番のポイントは、当日中に入金される最終時間までに、振込手続きを終わらせることです。

貸金業者によっては、振込先の口座ごとに締め切り時間が違うこともあれば、すべて同じこともあります。

多くのカードローンが平日14時ごろまでに振り込み手続きをすれば、当日中に入金が可能なことが多いです。ですが、14時を過ぎてしまうと、カードローンと振込先の口座によって、最終受付時間が異なり、翌日の入金になってしまうこともあります。

振込先の口座が、何時まで振込手続きをすれば、今日中に着金するのか、事前に確認しておかなければいけません。

以下、代表的な口座への振込手続き受付時間と、振込実施時間をピックアップしています。振込先に予定している口座の締め切り時間をチェックしておきましょう。

三菱UFJ銀行口座へ振込ならアコムが平日18時まで

三菱UFJ銀行口座へ振込ならアコムが平日18時まで

  • 三菱UFJ銀行への振込はアコムが最適

三菱UFJ銀行へ振り込む場合、1番おそい時間まで対応しているのが、アコムです。

アコムカードローンは、インターネット契約後、初めての借入の場合のみ、三菱UFJ銀行への当日振込対応時間が18時まで延長されます。振込手続き後は19時までに振込が実施されます。

延長サービスが適用されるのは初回のみで、2回目以降、三菱UFJ銀行口座への当日振込は14:30までになりますのでご注意ください。

三菱UFJ銀行口座への振込実施時間
最終締め切り時間振込実施時間目安
アコム
カードローン
平日18時※1当日19:00まで
プロミス
フリーキャッシング
平日14時50分-受付完了から10秒程度
アイフル
キャッシングローン
平日14時10分-当日中
SMBCモビット
モビットカード
平日14時50分-当日中
新生フィナンシャル
レイクALSA
平日14時45分-当日中
  • ※1.インターネット契約後、はじめての借入が対象の振込実施時間延長サービス

アコムカードローン
実質年率3.0~18.0%保証人不要
利用限度額1万~800万円担保不要
即日融資最短1時間無利息期間あり
アコムカードローン
利用限度額1万~800万円
実質年率3.0~18.0%
無利息期間あり
即日融資最短1時間

三井住友銀行口座へ振込ならプロミスが24時間対応、
アコムは平日18時まで

三井住友銀行口座へ振込ならプロミスが24時間対応、アコムは平日18時まで

  • 三井住友銀行への振込はプロミスが最適

三井住友銀行への振込は、1番おそい時間まで対応しているのが、プロミスです。

プロミスは三井住友銀行への振込は「瞬フリ」が対応で、365日24時間、手続きから10秒程度で振込が実施されます。

アコムもプロミスほど対応時間が長くはありませんが、インターネット契約後、はじめての借入の場合のみ、平日18時までの振込手続きで当日19時までに振込が実施されます。

三井住友銀行口座への振込実施時間
最終締め切り時間振込実施時間目安
アコム
カードローン
平日18時※1当日19:00まで
プロミス
フリーキャッシング
平日土日祝24時間受付※2受付完了から10秒程度
アイフル
キャッシングローン
平日14時10分-当日中
SMBCモビット
モビットカード
平日14時50分-当日中
新生フィナンシャル
レイクALSA
平日14時45分-当日中
  • ※1.インターネット契約後、はじめての借入が対象の振込実施時間延長サービス
  • ※2.毎週月曜日0:00~7:00はサービスを停止、毎週日曜日21:00~翌月曜日7:00はサービスを停止、元日は終日サービスを停止

プロミスフリーキャッシング
実質年率4.5~17.8%保証人不要
利用限度額1万~500万円担保不要
即日融資最短1時間無利息期間あり
プロミスフリーキャッシング
利用限度額1万~500万円
実質年率4.5~17.8%
無利息期間あり
即日融資最短1時間

ゆうちょ銀行口座へ振込なら、
アコムが平日18時まで対応

ゆうちょ銀行口座へ振込なら、アコムが平日18時まで対応

  • ゆうちょ銀行口座へ振り込むならアコムがベスト!

ゆうちょ銀行へ振り込む場合、1番おそい時間まで対応しているのが、アコムです。

アコムカードローンは、インターネット契約後、初めての借入の場合のみ、ゆうちょ銀行への当日振込対応時間が18時まで延長されます。振込手続き後は19時までに振込が実施されます。

延長サービスが適用されるのは初回のみで、2回目以降、三菱UFJ銀行口座への当日振込は14:30までになりますのでご注意ください。

ゆうちょ銀行口座への振込実施時間
最終締め切り時間振込実施時間目安
アコム
カードローン
平日18時※1当日19:00まで
プロミス
フリーキャッシング
平日14時50分-受付完了から10秒程度
アイフル
キャッシングローン
平日14時10分-当日中
SMBCモビット
モビットカード
平日14時50分-当日中
新生フィナンシャル
レイクALSA
平日14時45分-当日中
  • ※1.インターネット契約後、はじめての借入が対象の振込実施時間延長サービス

アコムカードローン
実質年率3.0~18.0%保証人不要
利用限度額1万~800万円担保不要
即日融資最短1時間無利息期間あり
アコムカードローン
利用限度額1万~800万円
実質年率3.0~18.0%
無利息期間あり
即日融資最短1時間

楽天銀行口座へ振込なら、
アコムがほぼ24時間1分で入金

楽天銀行口座へ振込なら、アコムがほぼ24時間1分で入金

  • 楽天銀行への振込は、アコムなら24時間1分で振込対応!

楽天銀行に即日振込したいならアコムまたはノーローンが最適です。

アコムとノーローンは楽天銀行への振込は、土日祝日問わずほぼ24時間対応で、振込手続き後、リアルタイムに口座に入金されます。

楽天銀行口座への振込実施時間
最終締め切り時間振込実施時間目安
アコム
カードローン
平日土日祝ほぼ24時間※1受付完了から1分程度
プロミス
フリーキャッシング
平日14時50分-受付完了から10秒程度
アイフル
キャッシングローン
平日14時10分-当日中
SMBCモビット
モビットカード
平日14時50分-当日中
新生フィナンシャル
レイクALSA
平日14時45分-当日中
  • ※1.23時50分~0時10分まで停止

アコムカードローン
実質年率3.0~18.0%保証人不要
利用限度額1万~800万円担保不要
即日融資最短1時間無利息期間あり
アコムカードローン
利用限度額1万~800万円
実質年率3.0~18.0%
無利息期間あり
即日融資最短1時間

新生パーソナルローンノーローン
実質年率4.9~18.0%保証人不要
利用限度額1万~300万円担保不要
即日融資最短即日無利息期間あり
新生パーソナルローンノーローン
利用限度額1万~300万円
実質年率4.9~18.0%
無利息期間あり
即日融資最短即日

ジャパンネット銀行口座へ振込なら、
プロミスがほぼ24時間10秒で入金

ジャパンネット銀行口座へ振込なら、プロミスがほぼ24時間10秒で入金

  • ジャパンネット銀行への振込はプロミスなら24時間最短10秒!

ジャパンネット銀行に即日振込したいならプロミスです。プロミスではジャパンネット銀行への振込は「瞬フリ」が適用され、365日24時間、振込手続きから約10秒ほどで口座に入金できます。

ジャパンネット銀行口座への振込実施時間
最終締め切り時間振込実施時間目安
アコム
カードローン
平日14時30分-受付完了から1分程度
プロミス
フリーキャッシング
平日土日祝24時間受付※1受付完了から10秒程度
アイフル
キャッシングローン
平日14時10分-当日中
SMBCモビット
モビットカード
平日14時50分-当日中
新生フィナンシャル
レイクALSA
平日14時45分-当日中
  • ※1.毎週月曜日0:00~7:00はサービスを停止、元日は終日サービスを停止

プロミスフリーキャッシング
実質年率4.5~17.8%保証人不要
利用限度額1万~500万円担保不要
即日融資最短1時間無利息期間あり
プロミスフリーキャッシング
利用限度額1万~500万円
実質年率4.5~17.8%
無利息期間あり
即日融資最短1時間

その他金融機関口座へ振り込むリミット

その他金融機関口座へ振り込むリミット

  • アコム…平日14:30まで
  • プロミス…平日14:50まで
  • アイフル…平日14:10まで
  • SMBCモビット…平日14:50まで
  • レイクALSA…平日14:45まで
  • ノーローン…平日13:00まで

プロミス、SMBCモビットが一番遅くまで対応し14時50分まで、逆にノーローンは締め切り時間が一番早い13時となります。

上記以外の金融機関口座に振込する場合、プロミス、SMBCモビットがより余裕をもって即日振込ができます。

最終締め切り時間振込実施時間目安
アコム
カードローン
平日14時30分-受付完了から1分程度
プロミス
フリーキャッシング
平日14時50分-受付完了から10秒程度
アイフル
キャッシングローン
平日14時10分-当日中
SMBCモビット
モビットカード
平日14時50分-当日中
新生フィナンシャル
レイクALSA
平日14時45分-当日中

プロミスフリーキャッシング
実質年率4.5~17.8%保証人不要
利用限度額1万~500万円担保不要
即日融資最短1時間無利息期間あり
プロミスフリーキャッシング
利用限度額1万~500万円
実質年率4.5~17.8%
無利息期間あり
即日融資最短1時間

SMBCモビットモビットカード
実質年率3.0~18.0%保証人不要
利用限度額1万~800万円担保不要
即日融資最短即日無利息期間なし
SMBCモビットモビットカード
利用限度額1万~800万円
実質年率3.0~18.0%
無利息期間なし
即日融資最短即日

即日融資のQ&A

土日でも即日融資はできる?

土日でも即日融資はできる?

  • 土日の即日融資は、在籍確認がとれるかどうか

大手消費者金融の審査は土日祝日問わず、ほぼ年中無休で行われています。ですので、基本的に土日祝日は申し込んでから、当日中にお金が借りれないわけではありません。

しかし、実は一番のネックは審査時の在籍確認が取れるかどうか?なのです。

在籍確認は、あなたが申込時に申告した勤務先に、間違いなく勤務しているか?を確認するもので、おもに貸金業者が勤務先に電話をかけて確認をとります。

ここで問題なのは、土日祝日にあなたの勤務先が営業しているか?です。営業していなければ、電話はつながりませんので、在籍確認はつぎの営業日にもちこしされます。そうなると、その日のうちに審査通過できないので、即日融資はできません。

SMBCモビットのWEB完結なら、
在籍確認は書類のみでOK

SMBCモビットのWEB完結なら、在籍確認は書類のみでOK

ポイント
  • SMBCモビットのWEB完結は在籍確認の電話がない

SMBCモビットのWEB完結なら、在籍確認は書類のみで行われ、勤務先に電話をかけて確認はしません。ですので、勤務先が休業日でも書類さえそろっていれば、在籍確認がクリアできます。

主婦でも即日融資はできる?

主婦はパートやアルバイトなどで安定した収入があれば、即日融資は可能です。

しかし、専業主婦でまったく収入がない場合、消費者金融では総量規制で借入ができません。

2017年までは、銀行から配偶者貸付をつかい、即日融資もできました。

しかし、2018年現在では銀行の審査がよりきびしくなり、即日融資そのものができなくなりました。