アコムカードローンでお金を借りる!
審査に即日通るコツと借入方法

アコムカードローンでお金を借りる!審査に即日通るコツと借入方法

アコムカードローンは、2018年3月現在、消費者金融のなかで利用者数(口座数)と申込数、さらに審査通過人数(新規客数)がいちばん多い人気のカードローンです。

審査がはやく即日融資もでき、全国にあるアコムの店舗や、コンビニなどの提携ATM、申し込みから借入まで来店せずにできるなど、利便性がとても高い商品です。

アコムカードローン
実質年率3.0~18.0%保証人不要
利用限度額1万~800万円担保不要
即日融資最短1時間無利息期間あり
アコムカードローン
利用限度額1万~800万円
実質年率3.0~18.0%
無利息期間あり
即日融資最短1時間

アコムカードローンはどんなローン?

アコムカードローンはどんなローン?

アコムカードローンがどんなローンなのか?
大まかに確認していきましょう。

アコムカードローンの基本情報

アコムカードローンの基本条件です。

金融機関アコム株式会社(大手消費者金融)
商品名カードローン
ローンカテゴリ自由(多目的)(カードローン型)
利用用途自由
対象エリア全国
金利(実質年率)3.0~18.0%
限度額1万~800万円
無利息期間あり(契約日の翌日から最大30日間の無利息期間)
即日融資可能
融資スピード最短1時間
保証人不要
担保不要

アコムカードローンは融資スピードの速さと、利便性の良さを追求したカードローンです。

申し込んだ当日から借り入れができるようになるスピード

アコムカードローンのメリット・デメリット

即日融資対応、最短一時間で借入も可能
審査は最短30分、融資まで最短1時間というケースも珍しくありません。さらに土日祝日も申し込み、審査ともに受け付けており、休日中の即日融資も可能です。

即日融資のタイムリミットは、ネット申込だと21時まで、自動契約機だと22時閉店の30分前の、21時半までに来店できれば対応できる可能性があります。

最大30日間の無利息期間、期間内に返せば利息ゼロ
条件を満たせば、最大30日間の無利息期間があり、期間中に完済してしまえば、もちろん利息はゼロで、短期間での借り入れには最高の借入手段ともなります。

都市銀行のカードローンなどより、若干高い金利設定ですが、無利息期間を考慮するとアコムカードローンがより利息を抑えられるケースもあります。

三菱UFJフィナンシャル・グループだから安心
アコムは三菱UFJを傘下に収める三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社ですので、コンプライアンス重視。サービスレベルが高く、接客は親切で丁寧、万が一延滞してしまった場合でも、紳士な態度で対応してくれます。
業界最人気、利用者数、申込数、審査通過人数No.1
2018年3月現在、利用者数、申込数、審査通過人数ともに業界ナンバーワンです。たくさんの人に選ばれる人気のカードローンです。特に新規契約者は20代が55%を締めるなど、若い人から絶大な支持を得ています。
金利が高め
消費者金融としては平均的な金利ですが、銀行や信用金庫などのカードローンと比べると若干高めの設定です。
総量規制で年収の3分の1まで
総量規制のカードローンですので、借入ができるのは年収の3分の1までです。

アコムカードローンは即日融資可能

アコムカードローンは即日融資可能

アコムカードローンは即日融資が可能です。

アコムカードローンのほかに即日融資が可能なローンをまとめました。

アコムカードローンを、他の大手と比較する

アコムカードローンを、他の大手と比較する

アコムカードローンって、その他の大手のローンとどう違うのかしら?
では、アコムカードローンと、その他の大手のローンを比較してみましょう!
利用限度額実質年率無利息期間融資スピード
アコム
カードローン
1万~800万円3.0~18.0%あり最短1時間
アコム
カードローン
1万~800万円3.0~18.0%あり最短1時間
プロミス
フリーキャッシング
1万~500万円4.5~17.8%あり最短1時間
アイフル
キャッシングローン
1万~800万円3.0~18.0%あり最短1時間
SMBCモビット
モビットカード
1万~800万円3.0~18.0%なし最短即日
新生フィナンシャル
レイクALSA
1万~500万円4.5~18.0%あり最短即日
三菱UFJ銀行
カードローンバンクイック
10万~500万円1.8~14.6%なし翌営業日以降
三井住友銀行
カードローン
10万~800万円4.0~14.5%なし翌営業日以降
みずほ銀行
カードローン
10万~800万円2.0~14.0%なし翌営業日以降
りそな銀行
クイックカードローン
30万~200万円9.0~12.475%なし翌営業日以降
アコム カードローン
利用限度額1万~800万円実質年率3.0~18.0%
無利息期間あり融資スピード最短1時間
アコム カードローン
利用限度額1万~800万円実質年率3.0~18.0%
無利息期間あり融資スピード最短1時間
プロミス フリーキャッシング
利用限度額1万~500万円実質年率4.5~17.8%
無利息期間あり融資スピード最短1時間
アイフル キャッシングローン
利用限度額1万~800万円実質年率3.0~18.0%
無利息期間あり融資スピード最短1時間
SMBCモビット モビットカード
利用限度額1万~800万円実質年率3.0~18.0%
無利息期間なし融資スピード最短即日
新生フィナンシャル レイクALSA
利用限度額1万~500万円実質年率4.5~18.0%
無利息期間あり融資スピード最短即日
三菱UFJ銀行 カードローンバンクイック
利用限度額10万~500万円実質年率1.8~14.6%
無利息期間なし融資スピード翌営業日以降
三井住友銀行 カードローン
利用限度額10万~800万円実質年率4.0~14.5%
無利息期間なし融資スピード翌営業日以降
みずほ銀行 カードローン
利用限度額10万~800万円実質年率2.0~14.0%
無利息期間なし融資スピード翌営業日以降
りそな銀行 クイックカードローン
利用限度額30万~200万円実質年率9.0~12.475%
無利息期間なし融資スピード翌営業日以降

アコムカードローンの審査

アコムカードローンの審査

アコムカードローンの利用者数と審査通過率の推移

近年のアコムカードローンの利用者数の推移をみて人気度を確認しましょう。

以下は、アコムの2014年度(2014年4月~2015年3月)から2017年度(2017年4月~2018年3月)の利用者数、申込数、新規客数、審査通過率の推移です。

2014年度
2015年度
2016年度
2017年度
1393438
1406657
1439059
1483883
462502
462434
501950
539919
218706
221791
234838
242008
利用者数申込数新規客数通過率
2014年度139万3,438人46万2,502人21万8,706人47.3%
2015年度140万6,657人46万2,434人22万1,791人47.9%
2016年度143万9,059人50万1,950人23万4,838人46.8%
2017年度148万3,883人53万9,919人24万2,008人44.8%

2018年3月時点での、アコムの利用者数(口座数)はおよそ148万人で、同じく大手消費者金融であるプロミスよりおよそ14万人、アイフルよりおよそ70万人ほど多く、最多で、間違いなくアコムが業界最大手であることを証明しています。

また、新規申込数、新規客数も右肩上がりで、順調に利用者数が増えていることがわかります。近年、審査通過率はプロミス、アイフルと比べ高い水準にありましたが、2017年度は若干低くなっています。

しかし、新規客数は他社と比べ多く、やはり審査通過人数という点ではトップですので、初めての借入には向いていると判断ができます。

アコムカードローンの審査通過者の年代の推移

アコムカードローンをよく使っている年代を見てみましょう。

以下は、アコムの2014年度(2014年4月~2015年3月)から2017年度(2017年4月~2018年3月)の新しく契約した会員の年代の割合の推移です。

2014年度
2015年度
2016年度
2017年度
47.0
49.5
52.2
55.2
20.1
18.9
18.2
17.6
17.8
16.8
16.0
14.6
10.6
10.2
9.5
8.9
4.5
4.6
4.1
3.7
20代30代40代50代60代以上
2014年度47.0%20.1%17.8%10.6%4.5%
2015年度49.5%18.9%16.8%10.2%4.6%
2016年度52.2%18.2%16.0%9.5%4.1%
2017年度55.2%17.6%14.6%8.9%3.7%

2018年3月時点での、新規登録者のうち55.2%と半数以上が20代であることがわかります。そして年代が上がるにつれて徐々に減っていき、60代以上は3.7%と少数です。

アコムの利用者の若年化は、近年どんどん進んでいっており、アコムは若者層への新規開拓に力を入れていると判断できます。

アコムカードローンの申込と契約

アコムカードローンの申込と契約

アコムカードローンの申込や契約について解説します。

アコムカードローンに申し込める人

申込年齢と契約年齢

申込年齢20~69歳
契約年齢20~69歳

職業

パート
アルバイト
専業
主婦
年金
生活者
無職
×××

アコムカードローンの申し込み方法

申込受付時間即日説明
公式サイト24時間可能スマホやパソコン、タブレットから公式サイトで申し込む。最速で審査を開始できます。
電話24時間可能携帯や固定電話からアコムに電話で申し込みます。審査がすぐに開始できます。
むじんくん8-22時可能アコムの自動契約機「むじんくん」で申込から契約、カードの受け取りができます。

閉店時間の22時までに来店すれば、当日中に借入できる可能性があります。

店頭窓口9:30-18:00可能全国(主に都市部)のアコムの有人店舗に来店、スタッフと相談しながら申込から審査、契約までできます。契約後にカードも受け取れるので、アコムATMですぐ借入できます。
郵送特になし不可電話で申込用紙を取り寄せ、書類記入後、郵送にて申し込みます。郵送をはさむので、手続きは数日かかります。

21時前なら申し込みはネットで

自動契約機でカードを受け取る予定でも、申し込みはあらかじめネットから行っておくことが望ましいです。なぜなら、来店して契約機に入ろうとしたら先客がいて、申し込み手続きが遅れ、当日中の融資に間に合わないことが多いからです。

審査は申し込んだ順に処理されます。来店する移動時間を考えても、あきらかに審査の開始が遅れるので、急ぎの場合は今すぐネットから申し込んでおくことが理想的です。

21時を過ぎたらむじんくんで申し込む

申し込みはあらかじめネットから行うことが理想ですが、21時を過ぎたら話は別です。ネット申し込みからの審査受付は2時までだからです。この場合は、急いでむじんくんに来店し、一刻も早く申し込み手続きを行いましょう。

審査が混んでいるか状況によりますが、21時を過ぎていても、むじんくんからの申し込みであれば、当日中の借り入れに間に合う可能性があります。

アコムカードローンの申し込みに必要な書類

本人確認書類

本人確認書類は「運転免許証」が一般的ですが、個人番号カードや健康保険証でも確認が取れます。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 + 住所が確認できる書類

顔写真がない書類の場合

顔写真がない書類、または住所が現在住んでいる場所と違う場合、以下の書類もあわせて提出します。

  • 住民票
  • 公共料金の「領収書」(電気、ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか1つ)※携帯電話の領収書は不可
  • 納税証明書

収入証明書類

必要なケース

以下の場合、貸金業法に基づき収入証明書の提出が必要です。

  • アコムで50万円を超える契約を行う
  • アコムの利用限度額と他の貸金業者からの借入合計が100万円を超える

他社から借り入れは貸金業者からの借入のみが対象です。銀行のカードローンなどは対象になりません。

提出書類はいずれか1点

  • 源泉徴収票(最新年度のもの)
  • 給与明細書(直近1ヵ月分※住民税(地方税)の記載がない場合は直近2ヵ月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書

アコムカードローンの借入

アコムカードローンの借入

アコムカードローンの借入方法について解説します。

アコムカードローンの借入方法

借入方法受取方法受付時間手数料概要
会員メニュー振込24時間最短1分無料会員メニューから手続き

振込先の金融機関が楽天銀行か、ゆうちょ銀行かその他によって振り込まれる時間が違う

楽天銀行の場合、24時間いつでも1分ほどで実施

電話振込24時間最短1分無料電話から振込の指示ができる

登録口座の金融機関により、振込実施時間が違う

自動音声によるアコムプッシュホンサービスと、担当者受付がある

店頭窓口現金9時から18時無料窓口で現金を受け取る
アコムATM現金24時間無料全国のアコムATMから引き出せる

手数料は無料

提携ATM現金24時間有料全国の提携コンビニ・銀行ATMから引き出せる

取引金額1万円以下は108円、1万円超えは216円の手数料

アコムカードローンの口座別の入金反映時間

アコムカードローンで振込で借入する場合の、振込受付時間と振込実施時間をまとめました。

振込先口座場合曜日受付時間振込実施時間目安備考
楽天銀行通常365日0:10~23:50受付完了から1分程度※1
三菱UFJ銀行初回平日0:10~9:00当日 9:30頃-
三菱UFJ銀行初回平日9:00~14:30当日 17:00まで-
三菱UFJ銀行初回平日14:30~18:00当日19:00まで※2
三菱UFJ銀行初回平日18:00~23:50翌営業日 9:30頃-
三井住友銀行初回平日0:10~9:00当日 9:30頃-
三井住友銀行初回平日9:00~14:30当日 17:00まで-
三井住友銀行初回平日14:30~18:00当日19:00まで※2
三井住友銀行初回平日18:00~23:50翌営業日 9:30頃-
ゆうちょ銀行初回平日18:00~23:50翌営業日 正午頃-
ゆうちょ銀行初回平日0:10~9:00当日 正午頃-
ゆうちょ銀行初回平日9:00~14:00当日 17:00まで-
ゆうちょ銀行初回平日14:00~18:00当日19:00まで※2
ゆうちょ銀行通常平日0:10~9:00当日 正午頃-
ゆうちょ銀行通常平日9:00~14:00当日 17:00まで-
ゆうちょ銀行通常平日14:00~23:50翌営業日 正午頃-
ゆうちょ銀行通常土日祝0:10~23:50翌営業日 正午頃-
その他通常平日0:10~9:00当日 9:30頃-
その他通常平日9:00~14:30受付完了から1分程度-
その他通常平日14:30~23:50翌営業日 9:30頃-
その他通常土日祝0:10~23:50翌営業日 9:30頃-
  • ※1.23時50分~0時10分まで停止
  • ※2.インターネット契約後、はじめての借入が対象の振込実施時間延長サービス

インターネット契約後、初回借入のみ振込実施時間延長サービスが適用

アコムカードローンの返済

アコムカードローンの返済

アコムカードローンの返済額や返済方法について解説します。

アコムカードローンの月々の返済日

返済日説明
35日ごと前回の返済日から35日以内最初の返済日は最初の借入の翌日から35日以内に、次からの借り入れは前回返済した日から35日以内に自由に返済ができます。

最大30日間の無利息期間はこの「35日ごと」の返済期日を選ばなければ適用されません。

「35日ごと」を選択しても毎月○○日に返済するぞ!と決めてその日に返済することも可能ですので、これなら毎月同一の日に返済しながらも最初の最大30日間の無利息期間の適用も受けることができます。

毎月指定期日任意「毎月指定期日」は、契約時に自分の都合の良い毎月の返済日を決めて、以降、それに沿って返済していきます。

「35日ごと」に比べメリットがあるとすれば、指定日をきっちり設定することで、期日を忘れてしまうことを防ぐ効果があります。

注意点としては、「毎月指定期日」を選んでしまうと、最大30日間の無利息期間の適用がなくなってしまうことです。

ですので、「35日ごと」を選んで毎月同じ日に返しながら最大30日間の無利息期間を適用させる方法がおすすめです。

アコムカードローンの月々の返済額

説明
定率リボルビング方式定率リボルビング方式では「最後に借入れたときの借入残高」に「一定の割合」を掛けた金額を最小返済金額とし、最小返済金額以上の返済をする方式で、一定の割合は以下の表のとおり、契約時の極度額(限度額)によって決まります。

そして、最小返済金額は「借入残高 × 一定の割合 = 各回最小返済額」のように計算されますが、千円未満がある場合、切り上げて千円単位となります。

例えば、限度額が30万円で20万円の借入をした場合、「20万円 × 4.2% = 8,400円」となり千円未満は切り上げられ、最小返済額は9,000円となります。

借入金額が30万円以下なら4.2%、30~100万円なら3.0%を返済

利用がん度額が100万円以下の場合、最小返済額は借入金額が30万円以下なら4.2%、30~100万円なら3.0%となります。

30万円以下なら4.2%は若干高めの設定で、他のカードローンに比べ、毎回の返済に苦労するかもしれません。しかし、元本はどんどん減っていくので、結果的に返済総額は減り、返済回数も少なく、短い期間で完済できます。

限度額が100万円超えの場合、返済額は1.5~3.0%

限度額が100万円越の場合、一定の割合は3.0、2.5、2.0、1.5%以上と複数の設定があり、これは契約時審査によって決定します。

最小の1.5%に設定されれば、最大である3.0%の場合に比べ、毎回の返済額は半分で済みます。例えば、200万円の借入がある場合、毎回の返済額が1.5%の場合は3万円、3.0%の場合は6万円になります。

毎回の返済額が少ないと、負担が軽く、余裕をもって返済を進めていける反面、元本がなかなか減らず、返済は長引き支払総額も大きくなってしまいます。

定率リボルビング方式

説明
30万円以下借入金額の4.2%以上
30万円超借入金額の3.0%以上
100万円超借入金額の3.0%以上
100万円超借入金額の2.5%以上
100万円超借入金額の2.0%以上
100万円超借入金額の1.5%以上

アコムカードローンの返済方法

アコムカードローンの返済方法です。

  • 会員メニュー
  • 店頭窓口
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 引落し

会員メニュー

手続き方法ウェブ受付時間24時間

店頭窓口

手続き方法店頭窓口受付時間9時から18時

アコムATM

手続き方法自社ATM受付時間24時間

提携ATM

手続き方法提携ATM受付時間24時間

引落し

手続き方法引落し受付時間毎月6日

アコムカードローンの一括返済

アコムカードローンの繰り上げ返済

アコムカードローンの返済シミュレーション

アコムカードローンでお金を借りたときの、借入金額別の返済シミュレーションです。

貸付利率は、アコムカードローンの借入金額別の金利幅で、いちばん高い利率が適用されたときを想定しています。

また、月々の返済額は、借入金額に対しての、約定返済額(最小返済額)です。

借入金額実質年率返済額(回数)総支払額
3万円18.0%
(7.7~18.0%)
2,000円
(18回)
3万4,232円
5万円18.0%
(7.7~18.0%)
3,000円
(20回)
5万7,960円
10万円18.0%
(7.7~18.0%)
5,000円
(24回)
11万9,772円
20万円18.0%
(7.7~18.0%)
9,000円
(28回)
24万5,093円
30万円18.0%
(7.7~18.0%)
1万3,000円
(29回)
37万993円
50万円18.0%
(7.7~18.0%)
1万5,000円
(47回)
69万8,327円
100万円15.0%
(7.7~15.0%)
3万円
(44回)
130万1,672円
200万円15.0%
(7.7~15.0%)
6万円
(44回)
260万3,377円
200万円15.0%
(7.7~15.0%)
5万円
(56回)
278万9,890円
200万円15.0%
(7.7~15.0%)
4万円
(79回)
315万8,174円
200万円15.0%
(7.7~15.0%)
3万円
(145回)
432万6,879円
300万円15.0%
(7.7~15.0%)
9万円
(44回)
390万5,083円
300万円15.0%
(7.7~15.0%)
7万5,000円
(56回)
418万4,860円
300万円15.0%
(7.7~15.0%)
6万円
(79回)
473万7,295円
300万円15.0%
(7.7~15.0%)
4万5,000円
(145回)
649万405円
400万円7.7%
(4.7~7.7%)
12万円
(38回)
451万5,097円
400万円7.7%
(4.7~7.7%)
10万円
(47回)
463万7,367円
400万円7.7%
(4.7~7.7%)
8万円
(61回)
483万9,035円
400万円7.7%
(4.7~7.7%)
6万円
(88回)
523万6,504円
500万円7.7%
(4.7~7.7%)
15万円
(38回)
564万3,874円
500万円7.7%
(4.7~7.7%)
12万5,000円
(47回)
579万6,716円
500万円7.7%
(4.7~7.7%)
10万円
(61回)
604万8,800円
500万円7.7%
(4.7~7.7%)
7万5,000円
(88回)
654万5,643円
800万円4.7%
(3.0~4.7%)
24万円
(36回)
858万9,484円
800万円4.7%
(3.0~4.7%)
20万円
(44回)
871万8,019円
800万円4.7%
(3.0~4.7%)
16万円
(56回)
892万887円
800万円4.7%
(3.0~4.7%)
12万円
(78回)
928万9,546円

アコムカードローンの提携ATMと手数料

アコムカードローンの提携ATMと手数料

アコムカードローンの提携ATMや取引手数料について解説します。

アコムカードローンの提携ATM

金融機関借入返済手数料
都市銀行三菱UFJ銀行有料
ネット銀行セブン銀行有料
ネット銀行イオン銀行有料
地方銀行北海道銀行有料
地方銀行北越銀行有料
地方銀行東京スター銀行有料
地方銀行八十二銀行×有料
地方銀行第三銀行有料
地方銀行広島銀行有料
地方銀行西日本シティ銀行有料
地方銀行福岡銀行有料
地方銀行親和銀行有料
地方銀行熊本銀行有料
コンビニATMイーネット有料
コンビニATMローソンATM有料
コンビニATMゼロバンク有料
信販会社クレディセゾン有料

アコムカードローンの提携ATM利用手数料

取引金額利用手数料
1万円以下108円
1万円超216円

まとめ

アコムカードローンのまとめ

アコムカードローンに申し込む